地鎮祭

家づくり豆知識
家づくり豆知識

地鎮祭

目的 土地に宿る神を祝い敷地を清めることで、工事が安全に滞りなく行われ、建物が無事に完成するよう願うために行われます。
敷地に既存の建物がある場合は、それが撤去され、整地された後に行います。
基礎工事に着手する前です。
大安、友引など良い日の午前中を選びます。
式に要する時聞は準備も含めて1時間くらいです。
場所 これから建てようとする建物の敷地で行います。
参加者 ・神主様工務庖で手配することもできます。・御施主様どなたか1名でも構いませんし、御家族全員で参加していただいても構いません。・設計者/施工者工務庖の者が2名程度。基礎工事業者が出席することもあります。
用意するもの お供え物の野菜、砂、米、酒、塩、竹は工務店で用意します。(神主さまによって違います。)
費用 神主様に直接お渡しください。祝儀袋には「玉串料」とお書きください。

では、地鎮祭当日の様子を順を追って見てみましょう。
まずは、建物のおおよその中心をはかり、4本の杭を打ちます。

DSCF1791

そして、杭に竹を結びます。
祭壇、お供え物、お酒、盛砂、スコップをセットします。
ここまでは神主様と工務店で行います。

竹に「ひもろぎ」を結びます。4本の竹に麻ひもをしばり、これに紙垂と言う
和紙を切ったものを取り付けます。麻ひもや和紙は用意しますが、
この作業には御施主様も一緒に参加して下さい。

紙垂は、ねじってある麻ひもを少し逆にゆるめて、そこに挟んでつり下げます。
これで準備が整いました。人が揃ったところで地鎮祭を始めます。

地鎮祭 準備

式そのものは神主さん指示で行われます。
神主様のおっしゃる通りにしていただければ構いません。

地鎮祭 10(記念撮影)

1.修祓の儀
お祓いをします。
地鎮祭 1(修祓の儀)

2.降神の儀
式場に神を迎える儀式。神主さんが行います。

3.献せんの儀
神せん(酒、米他のお供え物)を神の前にお供えする儀式。
実際にはお神酒を入れた瓶子のふたを取るだけです。

4.祝詞(のりと)奏上
神主様が祝詞を読み上げますので、頭を下げて願い捧げます。

5.四方祓いの儀
地鎮祭 3(四方祓い)地鎮祭 4(四方祓い)

6.鍬(くわ)入
起工の意昧を込めて、施主、施工者がスコップで盛ってある砂を掘ります。
お施主様からは一人が代表で、やっていただきます。
神主さんに指名されたら、「エイッ、工イツ」と元気な声を出して
掘って下さい。

地鎮祭 6(工事業者鍬入れ)

7 玉串奉奠(たまぐしほうてん)
さかきの枝に紙垂を付けたものを玉串と言います。これを神前に捧げます。

地鎮祭 7(玉串奉奠)

神主さんの前でー拝(15度くらい体を傾けてえしゃくする)し、
玉串を受け取ります。
これを持って神前に進み一拝してから玉串を俸げます。
そして、祭壇に向かって「ニ礼、ニ拍、ー礼」して下さい。

地鎮祭 8(二礼・に拍手・一礼)

8.撒せんの儀
神せんを下げる儀式。
実際にはお神酒を入れた瓶子のふたを取るだけです。

9.昇神の儀
お迎えした神をお帰りしていただく儀式です。神主様が行います。

10 直会(なおらい)の儀
直会とは元に戻るという意味です。神酒を少しずついただきます。

地鎮祭 9(直会)



カテゴリー: 家づくりの豆知識 
ニュースレター詳細はこちら
ガイドブックプレゼント中!
メールセミナー全7回配信中
福代工務店が予算内でいい家が作れる秘密
お客様の声
職人紹介
福代工務店ブログ
福代工務店ブログタイトル 福代工務店ブログカテゴリー
さとみちゃんねるをもっと見る
家づくり豆知識
メールでのお問合せはこちら